心身に触れる手

私たちの仕事の中に、「産後ケア」という大役がありまして、今日はこのお仕事の情熱と責任について書きます。

産婦人科内で行われているこの「入院中からはじめるパーソナルマッサージ&ヨガトレーニング」は、お産後の方々にとっても喜ばれているケアです。また病院さんからご出産祝いとしての「やさしいプレゼント」として、私たちが出動しています。

産後すぐにーー?と思うかもしれませんが、これもしっかりと安全にそして快適にプログラミングされています。このケアも院内で行うヨーガ同様、何度も何度も医療者の方々に提案し、改良を重ねて今の完璧なトレーニングがあります。結果はこのように↓

このように病院さん側はサービスの向上を徹底されていて、お産された方全員にアンケートをとってみえるので、私たちの施術内容のレベルが毎日問われるわけでして、少しでもネガティブ意見があればこの施術は速攻無くなって行くわけなのですが、ありがたいことに数年一度もそのような意見はなく向上を続けています。だから毎日毎日質が上がってパーフェクトな施術そして確実に求められる施術内容だからこそ今の結果があります。こういうふうに思い返すと、本当に毎年マッサージを勉強してはプログラムに取り入れて・・・と頑張って練習してきた甲斐があるなとつくづく思うわけですね涙 そしてこの施術はマッサージだけでなく、産後すぐの方専用に作った、「呼吸法と骨盤ベルトの付け方、骨盤底筋肉改善トレーニングそして体アジャストメント」を含んでいる内容ですから、本当にスペシャルな技術なのです。そして経膣分娩の方だけでなく、帝王切開でご出産された方への施術もあります。

そして産後すぐの方への施術は非常に特別なもので、人生に二度と同じことがない大きな大きな経験というお産をした直後ですので、全員と言って良いほど心身共にすごい状態なわけです。きっとこの意味はお産をされた方全員がお分かりになると思いますが、新しい人生の始まりと、一人の命を育てる不安、頑張ったという自信、私がママ?という半信半疑な自分、母乳が始まって寝れない状態の不安定な心とベビーの可愛さが混じり合った状態、体重やホルモンバランスの急激な変化、カラダ全体や会陰部の痛み・・・など普通の状態では無いのです。そして経産婦さんや帝王切開の方はまた違った状態です。ですからこれらの方々の心身(心と体)に触れることの重大さをしっかり身に染みて施術を行います。そしてインストラクター達はかなり多くのカリキュラムの勉強と練習を経て、施術ができるようになります。病院でのヨガクラス同様にこの施術も油断すると、産後のママの身体に対して危険な状態にさせてしまうこともあるので、本当に全員真剣です。それだから私もこのように仁王立ち&般若のような目で彼らの施術を監督しているわけです笑↓

そうすることで、このような意見も頂けるというわけですね。心からの施術だからこそ、このような意見を頂けます↓

私も受けたい笑

『練習と経験の積み重ね』でインストラクター達の手がゴッドハンドとなり、私がこのケアをはじめる時に目標としていたことが彼ら仲間たちの才能の開花と共に現実化していきまして、今に至ります。

そして後に続く仲間たち。

Practice + experience + warm heart

この技術は世界のどこでも通用します。お写真はベトナム・ホーチミンの子供達が通うセンターでの一枚。みんなヨガクラス後のマッサージタイムを楽しみにしております。

こちらもご覧ください

One Love.

Nanakha Olatunji