Connection

今年、生まれて初めて愛知県豊橋市にお邪魔しました。

お隣はすぐ静岡なので何故かこういう境界線にワクワクする私ですが、街を歩いていて山が見えたりと自然豊富。人々もゆったりしていて新幹線が通っているので東京へも大阪へも名古屋市内へもアクセス便利な街。ゆったり住んだり、のんびり自分のやりたい仕事をして行くには最適な街。

ご縁あって今年からヨガワークショップをこの土地で開催することになり、繋いでくれた自然の力と人々のコネクションに感動を覚えながらいつも電車に乗ってワークショップへ出かけていました。

1人また1人とお仲間が増えて行き、気づいたら安心感のある人々が集まっておりました。

ここで言う「安心感がある人々」という意味は、「なんでも深く話せる人々」ということなのですが、時々ワークショップの帰りに立ち寄る豊橋に1軒だけあるベジタリアンレストランに行っては、人生を語り合っておりました。この豊橋ワークショップにご参加くださっている方々は私より年齢の上の方達で、私は彼らの話からかなり勉強になることが多く、新しい愛の形を見たり、知ったり、コミュニュケーションの取り方などを学んだりと実りある愛知滞在になったのは、こういう時間があったからだと実感しています。

特に1つの地でワークショップを続けて開催するとき、私は参加される方々が何を求め、またどんな方法でクラスをするとベストなのかを客観視しながら作り上げて行くわけですが、ここでは整った方達がみえていたので、クオリティアップをどのようにして行くとベストかを吟味し、ワークショップのテーマやゴールを決めて最適なプログラムで心身作りを行っていました。すごい集中力なので何気に時間が許されれば3、4時間のワークショップができちゃう空間ですが、2時間半のクラスの中で毎回完結さえてゆきました。

『The practice be calling you.』=『練習があなたを呼ぶようになる』毎日の生活の中で、心と体に意識を向ける時間作り’ これをこの豊橋ワークショップの目的として行ってきたのですが、毎日1分でもこういう尊い時間を設けること、さらには自然にこういう時間ができるようになるまでには、練習と集中力を養う時間が必要になるわけですね。

 

来年も一緒に練習できますように、皆さんにお会いできますように。

このご縁を作ってくださった人々のコネクションに本当に感謝しております。幸せです。

 

愛を込めて。