沖縄・久米島『球美の里』

沖縄・久米島の「球美の里」でのボランティアを終え、今は沖縄本島に来ている(2013年11月)。

 久米島での滞在と人々との出会いは、私の人生の中で、とても重要な時間だったと思う。
「球美の里」では福島から保養に来ていた母子47名と、そこでサポートする人々と共に2週間過ごした。 

 

3・11が起こった時、私はその頃インドにいた。インドの小さな街、テレビも少ない地域だったが、ちょうどインド人家族の民家の1室を借りていたため、その家族と自分のパートナーと共に映像を見ていた。東北地方の津波で流される街と人々、福島の原発事故の映像が何度も映し出された。ブラウン管を通して見る映像は胸が張り裂けそうになり、悲しみと恐怖がこみ上げた。
そこで何もできない私、日本人に気遣うインド人家族。
外に出れば、「家族は大丈夫だったか?」とインド人に声をかけられる。 
そして言葉にならない言葉で励まされる。 「これは自然が起こしたことだから」・・と話したあと、「でも原発は人災だ」と口々に話していた。

あれから3年弱、やっと今回福島へのボランティアに参加できた。この縁を与えてくれたタイミングと私のパートナーに、笑顔で送り出してくれた家族と仕事仲間に心から感謝したい。
「球美の里」を主催されている広河氏とそこで働く人々、久米島の皆さんにも心から感謝している。
そしてリスペクトしている。

ここで福島の問題を語るつもりはないが、「希望」を 日本に持ちたい。今回の福島保養で感じた、子供達を思う母親の心、そしてそれに甘える子供達の無邪気さ、土を触り、葉っぱを手にして喜んでいる子供達の笑顔、土や貝を口に持って行き、喜んでいるベビーと、それを安心しながら優しく見守る母親達、沖縄の海に感動し、本当に楽しそうに遊んでいる母子の姿。
福島の現実は厳しいもので、考え出すと眠れないほどだけど、力強い母親達と元気いっぱいの子供達を見て、私は諦めずに希望を持ち続けたい。自分にできることは、本当に本当に小さいことしかできないけれどみんな、が小さいことをやっていけば、やがて大きな波になる。

 

今回の保養に来ていた福島の母親達は、私とほぼ同世代だった
この現実は、私達の世代で本当に起こっていること。
日本で起こっていること、遠い世界の話ではない。自分の家族、地域に起こったできごとではないから・・ではない。
私達の行動であなたの子供達の未来が変わる。本気で子供達を愛しているのなら、是非自分なりの行動を、まずは現実、真実、起こっている事を知り、興味を持つ事をしよう。
国は安全だと言っているのに、なぜ保養場所がたくさんあるのか・・よく考えると疑問はたくさん湧いてくる。その思考をストップさせずに常に感じていこう。

明日からまたパスポートがいる場所へ移動する。バックパックが25キロオーバーにならないように本を買い込んだ。多くの知識を身につけ多くの愛を見て、優しさにふれ、過酷さの中に本質を視る力を見につけて前に進みたいと思う。
自由に動くことができる人生を自分自身で選んだ。でも、それなりに責任を持っているそしてその自由の中で見た、本当のことを私の仲間達に伝えたい。

最後まで読んでくれてありがとう。またみんなに会える日を楽しみに行ってきます

沖縄より愛を込めて 。

※このお写真はママさんが送って下さったものです、大好きな1枚でしたので許可を頂き掲載しています。

 

ありがとうー。