『実りある日々』

障害を持っている子供達のボランティアの日

 

学んだ

 

子供達から、園の先生から今日も深いことを、そして今後の課題をもらった

 

私がこの5、6ヶ月間通っている園では、身体の障害(身体が硬直していて自分ではあまり動けない子や鼻が元々無い子で目もとっても小さく不自由、、など)、ダウン症、発達障害、精神疾患、、いろんな子供が来ている

 

 

今日は精神疾患について。

いろんな精神疾患があるが、私が今日経験したことを書こうと思う

 

1人の女の子、彼女は6歳で来年小学生。

彼女は最初にほうれん草が食べたくなくて泣き叫んだ、そして柿を食べ落ち着く、次にみんながお昼寝で寝静まった頃1人テンション高く走りまわる、そして急に崩れ落ち泣き叫ぶ、

数分ごとに彼女の情緒は変って行く 私は泣き叫ぶ彼女の心臓に手を当てた、心臓がとっても早い。 こんな状態が数分置きに来るなんて苦しいだろうに。。

私は小児喘息だったので、この心臓の早さの苦しさを知っている 早すぎて苦しくて泣けてくる

そしてその時抱きしめられると安心した

だから私もその子を抱きしめた心臓がゆっくりになるように自分のゆっくりな心臓を彼女の心臓に当てた 彼女から最初のうち手が出てきて何度も殴られるが私はただそれを受け入れる

彼女は落ち着いた 

そして、、『お母さんに会いたい』と彼女は言った 

 

きっとこれを読んで『うちの子精神疾患かも、、』なんて思う人がいるかもしれないが、いろんな基準を得て彼らはここに来ているので軽はずみにその判断はしない方がいいと思う

 

 

4歳の発育障害の子は、身体がいつも究極に弛緩しているが、急に緊張状態になる 身体が緊張するのでなかなか寝つけずいろんな場所に時間ごとに硬直が出る お昼寝の30分くらいずっとこの子を抱っこしてあらゆるリラックス法を試してみたが無理だった 

ご飯を食べる時にスプンをくわえるという行動ができずにいたが出来るようになったと思うと今度は口から離せない 

 

そんな事を毎日繰り返しながら先生も彼らの親も子供と向き合い、生きている

 

 

こういった障害を持っていたり、何か不幸が起こると

軽はずみに『カルマ』とか『輪廻転生』とかだと言う人がたまにいる

私はそういう人は 実体験でその人たちと接していないか接していてもどこかそう言わなければ納まりがつかないんだと思う

ヒンドゥのお坊さんに『輪廻転生』の事を訪ねた事があるが「言葉にならない、説明できないことなどに対して、この言葉は納まりが良い」と話されていた。

もう少し深く言ってしまえば『自分が悪い事をしたらそれが帰ってくる』と親に教えられてきたと思うがその教え方には問題があると思っている そうじゃなく『人にやられて嫌な事をしない』

とか、いろいろ言い方を考えて子供に教えなければいけないと思っている

実際、私は以前子供にダンスクラスを行っていたが子供に対しての言葉にとても気をつけていた

間違っていると思ったらすぐ謝り『今の言い方は間違えだったね』と向き合っていたつもりでいるが

実際どうだったかな でもいつも真剣だったよ

元気かな、、みんな。

 

ボランティアはいろんなやり方があるが 私は実際に自分自身のからだを使って人と生身で接して行うボランティアを選んでいる

そうでなければいつまでもお金で解決、ということから人間は抜け出せないでいる気がしている 

大好きな発酵料理の先生もお話されていた

『現地で放射能で野菜が食べられない、なんて口が裂けても言えないよ それどころじゃないんだ』

その通りだと思う そして現地でそんな言葉は発さないが先生は行動に移している どうやって改善していけば良いかを。

 

今まで経験してきたこと、やってきたこと全てを総動員して

自分のやるべきことに集中して行きたい 

 

これが私の『カルマヨガ』=『奉仕のヨガ』