『骨盤底筋肉の大切さ』

骨盤底筋肉はカラダの中のどこにあるかご存知でしょうか?

この筋肉は女性で言えば、尿道口・膣・肛門を8の字のように囲っている筋肉、そして子宮や膀胱、大腸をハンモックのように支えてくれている重要な筋肉です。
男女とも共通しているのは、おしっこを我慢している時に使っている筋肉、おしっこを最後に尿を出し切る筋肉として日常生活に欠かせない筋肉です。
妊婦さんで言えば、お産時にはベビーを最後に踏ん張って生み出す筋肉として活躍しますね。妊娠中は子宮が大きくなってそれをしっかり支えているのもこの筋肉。子宮と膀胱はすぐ近くにあるためそれが刺激され、妊婦さんはどうしても尿漏れが起こりやすくなります。腹筋郡(特に腹横筋)はこの骨盤底筋と連動して動いているのでお腹が大きくなって行くにつれ、腹筋郡も弱まるのでさらに輪をかけて尿漏れが起こりやすくなってきます。この症状は妊娠中、どうしても避けられないですね。
経膣分娩で出産された方は、出産時、この筋肉はしっかり使われ伸びます。そして産後、さらに尿漏れが深刻化する人が多いですが、
もっと深刻になると膣から子宮が出てきてしまう、という「子宮脱」という自体になってしまいます。
ではその出てしまった子宮はどうなるのか・・・
ペッサリーというリング型をしている器具を膣の奥へ挿入し、子宮や膀胱が落ちて来ないようにします。
膀胱のお話が出ましたが膀胱も下垂すると膣から出てきてしまいます(膀胱脱)
さらにこのような症状が現われている時はすでに便も我慢ができなくなっているはずです。

これを防ぐには・・・この骨盤底筋を鍛えるしかありません。

この筋肉の鍛え方は通常の筋肉運動では鍛える事ができず、リラックス法を用いながら骨盤底筋だけを感覚することが
大切となり、特別なテクニックと集中力が必要で、1回練習しただけでは改善できません。何度も何度も練習しなくてはいけません。
ちなみにこの場所はヨガでいう、ムーラーダ-ラ・チャクラ(会陰部にあり、カラダの根底にあって全てのチャクラを支えている場所)、スヴァディシュターナ・チャクラ(子宮・精巣の辺りに位置し、宇宙のエネルギーの出入りする場所、自分をコントロールする場所)の位置にあります。
この場所が弱まると全てのバランスが崩れやすくなってしまうのです。


777BODYWORKSではドクター、助産師、専門の看護師達と共に医学的な知識と経験のもと、安全で効果をしっかり期待できるプログラムを組ませて頂いています。
尿漏れなどが少しでも起こっている方、「みんなそれぐらいあるよね」と軽く考えずに
今、しっかりトレーニングしておきましょう。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Rico Dry (金曜日, 03 2月 2017 23:20)


    An impressive share! I have just forwarded this onto a co-worker who had been doing a little homework on this. And he actually ordered me lunch due to the fact that I stumbled upon it for him... lol. So let me reword this.... Thank YOU for the meal!! But yeah, thanks for spending time to talk about this subject here on your internet site.