純粋な心

  私が障がい者施設で経験した

可愛いお話をシェアします。

中学生の女の子のお話です。

彼女は生まれつき目が見えなく、

知的障がいもあるけれど

非常に賢くて優しい女の子です。

私が彼女の介助をしていた時のこと。

お手洗いに1人でいけない彼女は、

私と一緒にお手洗いに入ります。

彼女が大便をする時ももちろん付きそう

のですが、彼女は、

『うんちさん出てきてくださーい』

と言って、うんちさんに話かけます。

中学生の女の子のこんな純粋で

可愛い風景には、

なかなか触れることができないですね。

彼女は生理だったので、

自分でナプキンを変えることが

できないのでお手伝いします。

うんちも拭くことができないので

お手伝いをします。

そのあと、彼女は丁寧に

『ありがとうございます』と私に言います。

 

もう1人の高校生の女の子のお話。

彼女はほんの少しだけ視力があり

(色がボヤッとわかる)、

知的障がいがあるけれど、

しっかりと会話ができ、

自分の感情を言葉でも表現できます。

彼女は感情が豊かで、

感情コントロールオーバーに

なることもあります。

ある日、彼女はそこに通う男の子の言葉に

異常反応し、暴れ出しました。

近くにいた私は当然止めに入ったのですが

彼女は私に噛みつき、

私は腕に怪我をしました。

その後、彼女が横になり落ち着いたところで

私は彼女とお話をしました。

そこで彼女が、ななかさん(私の名前)

トントンしてください、と言うのです。

 

’本当に可愛い’と思う瞬間ですね。

その後、彼女は会話の中で彼女がしたことを

ゆっくりフィードバックして

その時のお話を〜だったかもしれない、

というような形で表現をしだしながら

ゆっくりと自分自身で

アクセプトしていきます。

そして最後には『ごめんなさい』と

言ってくれます。

 

彼女らの純粋な心に触れる時、

私は心が洗われ、言葉にならない

幸せが舞い込みます。

 

障がい者と、それ以外の人、

あなたはそれ以外の人ですか?

 

障がい者とくくられれている人々は

確かに身体的や脳に障がいがあって

日常生活を普通に送れないので

手助けが必要となります。

それでも彼らは非常に正直で

2つの顔を持たず

純粋な心のまま生きています。

そして彼らは身体にストレスを

持っていない。そして心はクリアです。

瞬間に生きて人生を楽しんでいます。

 

さて私たちはどうでしょうか?

毎日毎日ストレスを抱え、

2つや3つの顔を持ち合わせて

心はいつも何かにとらわれ

瞬間に生きることができずに

過去や未来のことばかり考えて

日々疲れています。

 

人にはそれぞれ、できることできないこと、

この人はできるが、この人はできない、など

みんな完璧ではありません。

だから助け合って足りない部分を補い合って

生きていく必要があります。

 

これが地球のバランスですね。

 

 

ぜひ、みなさんも彼女らの純粋な心に触れる

機会を作って、彼らから深い愛を

教えてもらってみてくださいね。

 

人生が変わります。

 

 

愛を込めて

4つの鍵を持ち歩く

Maitree karuna mudita upekshaanaam sukha dukha

punya apunya vishayaanaam bhaavanaataha chitta prasaadanam

 

他の幸福を喜び(慈)=友愛

不幸を憐れみ(悲)=憐憫

他の有特を欣び(喜)=欣喜

不徳を捨てる(捨)=捨離

 

by Patanjali Yoga sutra

1章33

 

 

 

この言葉は人生における

大きな鍵となり、

 

”自分のために”を”人々のために”

に変えた時、深い幸福が始まる。

 

これは生きる知恵です。

 

大きな愛を込めて

 

 

自分の中に自然を作る

自然の中で耳を澄ませば、

鳥たちの歌、風の音、虫たちの

オーケストラを聴くことができます。

これらの音は私たちに平安と

静けさを与えてくれます。

 

音は音でも、テレビのノイズ、

人々の取り留めの無い会話、

人の噂などと何が違うのしょうか?

 

これらは自然・神とつながっています

 

私たちはそこから生まれているので、

安心感があるのです。

 

生きとし生けるもにとって

自然・神とのコネクションが必要です。

そして私たち自身の中にも

このような自然があります。

 

静かな時間を作り、

呼吸に意識を向けることで

この神聖な空間を

体験することができます。

 

ココロとカラダにお休みを

与えてくださいね。

 

大きな愛を込めて

Photo in 国頭村 Okinawa, Japan

 

Aug 2015

 

インド・リシケシュ

 

古くからヨガの聖地と知られている

リシケシュ

たくさんのヨガアシュラムや

アーユルヴェーダのセンターが立ち並び

インド中から多くの巡礼者や

サドゥー(修行者)の姿を目にする

 

ガンジスの偉大な影響を受け

発展した街、リシケシュ

ここはヒマラヤの峡谷を約250km南下し、

この小さな街で断崖から河谷となる

 

どこの国でもそうだが

日の出の1時間前というのは

神聖な時間になる

 

特にリシケシュのこの時間は

素晴らしいエネルギーが流れていて

心を清める場所として

力強く存在している

 

 

大きな愛を込めて

Photo in Rishikesh, India

March 2015

パートナーとの関係

『パートナーリレーションシップ』

 

人間関係の自然の法則は

どの種類も同じです。

 

彼と彼女、夫婦、仕事仲間、上司と部下、友達、親子、、

すべて同じ法則で成り立っています。

 

信頼

理解

会話

 

この1つでも欠けるとバランスが崩れ、

なんらかの問題が生じ始めます。

 

今日はその中でも、彼と彼女、夫婦関係

についてシェアしたいと思います。

 

なぜ人は恋をし、愛を育むのでしょうか?

 

最初はただ惹かれあい、触れ合い、

自然のままに一緒になります。

愛は自分の内側から生まれるものですが、

パートナーとしての関係性が始まると

2人での共通の愛も作り始めます。

イメージにすると、2人の間に

1つの大きなボトルがあります。

その愛のボトルに水を貯めるように

2人で愛という結晶を

このボトルに入れているのです。

この共同作業は1人の時と違い、

それ以外の労力も使います。

互いのカラダと心に愛を与えることによって

愛は減らずに、自分のまわりにも

愛は大きく広がってきます。

 

自然にお互いに惹かれ、知りたい、

一緒にいたい、

言葉にならないほどの気持ちが溢れ、

自然のままにお互いに引き寄せられます。

この愛を与えるという行為は、優しさ、

カラダへの癒しでもあり、

それが滞ると愛が減っていき、不安、失望、不信感が芽生え、

2人の間の愛のボトルの中が枯れて閉じて、

それはやがて、理解をしたい、

という気持ちを失わせます。

また他への欲求も始まります。

 

時間が経つにつれ、

お互いを知るようになり、癖を知り、

そこからいろんな感情が生まれます。

これは自然のことです。

  人間関係は、この時点から

信頼を築くための作業に入っていきます。

信頼にはまず理解が必要となり、

一緒に過ごすことでお互いを理解し、

受け入れていきます。

理解ができないことは、

必ず会話が必要になってきますね。

この会話は、信頼そして人間性の

向上に対しとても大切になります。

 

ここで多くの人々がつまずきます。

 

結婚し、子供が生まれ、家を購入し

ローンを払い、

いざとなった時の高い保険を払い、

車のローン、養育費、、仕事は忙しくなり、

次第に会話をしている時間が

無くなってきます。

子供の世話、塾の送り迎え、家事に追われ、

余裕が無くなり、会話をして理解をしたい

というエネルギーが減っていきます。

 

単身赴任や遠距離恋愛でも

同じことが言えますね。

離れているからこそ、

たくさん会話をしないといけません。

 

多くの人々は、家族のために、

2人のために費やしているのが

愛だと思い、会話をする時間を

削ってしまうのです。

 

これも愛でしょう。

でもなぜ現実の今を

もっと大切にできないのでしょうか?

 

毎日人々は多くの経験をします。

その経験を日々少しずつ共有することで

お互いの考えを知り、

一緒に成長していきます。

 

 

多くの人々は会話が無いまま

相手は分かってくれているだろうと

思い込みます。

それは自分だけの考えであって

相手にしっかり伝えないと

分からずに誤解が生じ、

相手を悩ませていることも多いのです。

やがてそれは愛の滞りとなり

成長を止めていきます。

 

日々の会話が大切ですね。

 

あなたは愛する人に毎日一言でも

優しい言葉をかけていますか?

 

会話

 

これだけのために、多くの人々は

誤解を招き、苦しみます。

自分を成長させる、

仕事を成長させることは大切です。

同じように、この短い生涯の中で

惹かれあい、愛を育み、

多くの幸せや悲しみ、苦しみを

シェアすることが許された、

最も人間性の向上をし合える関係性を

大切にしないといけません。

そしてもう一つ大切になることは、

イコールの愛

つまり自分への愛と相手への愛はイコールで

ないとバランスが崩れていきます。

 

何事にもバランスが大切ですね。

 

また愛は、責任とも大きく関係があります。

子供を持つと責任というものが生じますね。

どれだけ大変でもそこから逃げ出せない責任があります。

パートナーとの関係も

同じことが言えるのです。

愛を芽生えさせ、お互いを知ることは

相手への責任が生じ、

さらにまわりの人々へも

大きな影響を与えます。

 

自分の感情に責任を持ちましょう。

 

このパートナーとの関係の法則は、

他の種類での人間関係にも

同じことが言えるのです。

 

会話が無ければ、理解されず、理解できず、

成長を止めて愛を見失います。

 

人間の心、人間性は人々との関係性によって大きく進歩します。

 

今一度、まずは自分とパートナーとの

関係性を観察し、

毎日目を見て会話をしましょう。

 

今を大切に。

 

愛する人を大切に。

 

 

 

大きな愛を込めて

Photo in Philadelphia USA

May 2015

 

 

人生の目的

心を清める時、あなたは解放される

 

真の人生の目的のために

 

あなたは深い知識と安らぎを得て

 

すべての平和のために生きることができる

 

深いあなたの愛は、人を癒すことができる

 

その癒しはやがてあなたの活力となり

 

生きる意味を見出すことができる

 

 

大きな愛を込めて

 

2016年5月      Boudhanatu Katumandu, Nepal